スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらに情報検索
カスタム検索


島野菜の写真データについては、こちらからご利用下さい。
住まい・インテリア

カテゴリ :スポンサー広告
タグ :

島らっきょう


 一般名:島らっきょう
 学 名:Allium chinense G.Don.
 科 名:ユリ科
 収穫期:11~5月


島らっきょうとは

島らっきょう  島らっきょうは沖縄で昔から栽培されてきたらっきょうで、本土のらっきょうよりも小ぶりで、主に若掘りしたものを、浅漬けや天ぷらにして食されています。
 県内では伊江村や糸満市が有名な産地で、粒の整った島らっきょうが収穫されています。

島らっきょうの利用方法

 島らっきょうの浅漬けはパリパリと食感も良く、香りと辛みがまろやかで食べやすいことから、近年、観光客にも人気が高く、居酒屋等の定番メニューになっています。
 特に浅漬けにしたものや、天ぷらは人気の料理です。

島らっきょうの雑学

島らっきょう  比較的水はけのよい土壌を好む島らっきょうは、島尻マージなどの水はけのよい土壌で高品質なものが収穫されます。
 島らっきょうの収穫は年内から初夏にかけて行われ、若掘りされたものは浅漬けに、球が肥大した物は漬物に利用されています。


スポンサーサイト

さらに情報検索
カスタム検索


島野菜の写真データについては、こちらからご利用下さい。
住まい・インテリア

カテゴリ :ユリ科
タグ :

クワンソウ(アキノワスレナグサ)


 一般名:アキノワスレナグサ
 学 名:Hemerocallis sempervirens Araki
 科 名:キク科
 収穫期:通年


クワンソウとは

クワンソウ,かんぞう,アキノワスレナグサ  クワンソウは日本から台湾を原産とする多年生葉野菜で、沖縄から南九州まで栽培されています。
 地下茎は黄色で横に根を伸ばし、その先が新株となる繁殖力の強い植物です。
 葉は扇状に開き、地下茎から直接出ます。オレンジ色の花をつけます。
 沖縄では古くから家庭菜園に植えられていて、不眠症に効く薬草としても利用されてきました。

クワンソウの利用方法

クワンソウ,かんぞう,アキノワスレナグサ  独特の歯触りがあり、煮崩れしにくいため、おひたしや味噌汁の具、天ぷらなどにして貯められています。
 また他の野菜とともに炒め物としても利用されます。


さらに情報検索
カスタム検索


島野菜の写真データについては、こちらからご利用下さい。
住まい・インテリア

カテゴリ :ユリ科
タグ :

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。